スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

サプリメントとは?

サプリメントという言葉もよく聞くようになりましたが「サプリメント」といったいなんでしょうか?

ここ何年かで日本でもよく聞かれるようになったサプリメント、なんだか体によさそうなイメージはありますが、どのように定義されているものなのかご存じない方も多いのではないでしょうか。

サプリメントとは、「ダイエタリー・サプリメント」を略した言葉です。「サプリメント」の意味は「補うこと」。つまりサプリメントとは、日常の食事で摂取が不足がちな栄養素を補う、栄養補助食品ということがいえます。さらに略して「サプリ」ともいわれます。 サプリメントの語意ですが、英語のSupplementのことで直訳すれば「補給」とか「供給」の意味です。
ここで言うサプリメントとは「食事を補う」栄養補助・補給食品のことです。

サプリメントの存在は近年とても注目され、いろんなサプリメントが販売されていますが、サプリメントの位置づけは食品でしょうか、それとも医薬品でしょうか。

食品と医薬品の区別は、薬事法と食品衛生法で定められおり、食品法第二条にて「食品とは、すべての飲食物をいう。ただし、薬事法に規定する医薬品および医薬部外品は、これを含まない。」となっており、薬事法で医薬品とは「人は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であって・・・」とあります。病気の治療や予防に使われるもの以外はすべて食品ということになりますので、サプリメントは「食品」ということになります。

日本ではなかなか明確に定義されていないこの「サプリメント」ですが、サプリ先進国アメリカでは1994年に成立した「DSHEA法」という法律によって

「ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養成分を1種類以上含む栄養補給のための製品」としっかり定義されています。

形状は錠剤(タブレット)やカプセル、パウダー状、ソフトカプセル、液状など、
通常の食べ物の形以外のものとされています。

つまりは医薬品と食品の間にある別のものとして定義がなされ、ひとつの独立した経口摂取するもの
として市民権を得ています。

まだまだ日本では医薬品に近いものとして「効く」とかいうやり取りを聞きますが、これは明らかに
アメリカ人と日本人のサプリメントに対する認識の違いになっています。
スポンサーサイト

未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。