スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

フェニックス 病床の塚田にV届ける!!

泡が効く!毛穴さっぱりナノ化銀微粒子エイドットアイ2個セット【大量】
 難病を克服した良血馬フェニックスハート(牡、父プルピット)が、今週の函館3歳未勝利戦でデビューする。ずっと調教に騎乗し、実戦の手綱も取る予定だった塚田祥雄騎手(21)=美浦・藤沢和=は、24日の落馬事故の影響で現在も意識が戻っていない。“不死鳥の心”の意味を持つ同馬は、塚田の回復を願う人々の思いを乗せて力走する。
 半兄にG1レース6勝馬アグネスデジタルを持つ良血・フェニックスハートの奇病が判明したのは2歳7月のことだった。病名はボーンシスト(骨のう胞)。関節の軟骨組織に空洞ができる病気だ。藤沢和師は当時をこう振り返る。「アメリカで購入して、デビューを目指して日本に持ってくる直前に気が付いた。
最新病気情報は・・・人気blogランキングへ
個所が蹄底だったから分からなかった。手術できない場所で、症例もほとんどない。知って落胆したよ」。
 それでも、あきらめることはなかった。「ケンタッキーに手術経験のある獣医がいると聞いたんだ。オーナー(山本英俊氏)と相談して駄目もとでやってみようと」。陣営の思いは確かに届いた。手術は成功し今年3月に来日、デビュー目前にまでこぎつけた。絶望のふちから舞い戻ってきた黒鹿毛の牡馬は“不死鳥の心”と名付けられた。
 当初、手綱は塚田が取る予定だった。津曲助手はつぶやく。「追い切りは祥雄しか乗っていない。祥雄もすごく楽しみにしてた馬なんだ…」。将来を有望視されている21歳は、6月24日に落馬し現在も集中治療室で加療中だ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


スズラン日扇


◆病気関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆病気関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

サプリメントの種類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。