スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

サプリメントの必要性?

サプリメントは、なぜ必要なのでしょう。食事のバランスに気をつけていれば、サプリメントなど必要ない――と考える人もいるのではないでしょうか。

確かに、昔はそうだったかもしれません。しかし現代では、サプリメントなしに必要な栄養素を完全に補うことが難しくなってきているといいます。

サプリメントとは英語のSupplementのこと。食事を補う、栄養補助食品のことです。
米国では、1994年に成立したDSHEA法によって「ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養成分を1種類以上含む栄養補給のための製品」として明確に定義され、形状は錠剤(タブレット)やカプセル、パウダー状、ソフトカプセル、液状など、通常の食べ物の形以外のものとされています。
医薬品と食品の間に立つ別のものとして明確に定義がなされているわけです

普段わたしたちが食べている野菜や果物は、化学肥料や農薬の大量使用によってやせ細った土地から収穫されたものであり、見た目は昔の野菜と変わらなくても、実際は栄養価の低い食べ物になってしまっています。

さらに、それを加工(加熱・冷凍)することによって、必要な栄養素がより一層失われてしまっているのです。

穀物も、昔は精製されていない小麦や玄米などが食されていましたが、現在一般に出回っているほとんどは精製されたもので、その精製の過程で栄養成分の多くはそぎ落とされてしまっています。

玄米や小麦粉の全粒粉などは、健康志向の人向けに、わずかに出回っているだけにすぎません。

このように、現代では食事から必要な栄養素をとるということが難しくなっており、それを補うためにサプリメントが必要であると言えるのです。
スポンサーサイト

未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。